見どころ

IRの見どころ

RSS

日本水産 平成30年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

IRイメージ
日本水産[1332]、平成30年3月期 第3四半期の決算を発表。南米の鮭鱒養殖事業が好調。

経営成績に関する説明

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、引き続き企業収益や雇用情勢の改善などにより緩やかな 回復基調で推移しました。個人消費につきましても、海外経済や金融資本市場の先行きが不透明な中、緩やか な持ち直しの動きが見られました。

世界経済(連結対象期間1-9月)につきましては、米国では雇用・所得環境の底堅さにより個人消費が着 実に回復するなど、景気に力強さが見られました。欧州では個人消費が引き続き堅調に推移し、緩やかな景気 の回復が持続しました。アジアでは中国において、政府の政策効果により景気は下支えされました。

当社および当社グループにおきましては、水産事業では、南米の鮭鱒養殖事業が好調に推移しました。一方、 ファイン事業では、先行投資による費用が増加しました。

このような状況下で当第3四半期連結累計期間の営業成績は、売上高は 5,163 億 21 百万円(前年同期比 475 億円増)、営業利益は 205 億 91 百万円(前年同期比 18 億 76 百万円増)、経常利益は 213 億 36 百万円(前年同 期比6億 16 百万円増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は 164 億 27 百万円(前年同期比 40 億 50 百万円増) となりました。

最終更新:2月5日(月) 13:19
見どころ